江別市の総合眼科。医療法人社団 川口眼科クリニックです。

04月

2014.4.スタッフ会議

2014-4スタッフ会議4月23日、本年度最初のスタッフ会議を行いました。

テーマを左スライドに示します。

危機管理というか、大事なことです。

WOC2014、3日目

ヘルペス 今日は、何と言っても特別講演『ヘルペスと闘った37年』下村嘉一先生です。最近、4ヶ月の乳児の角膜ヘルペスを経験しただけに、講演後質問に答えて頂けたのは光栄でした。先生も生後4ヶ月というと初めての様で、『写真はありますか?』と聞かれた時は、あっと思いました。診れたのは手持ちスリットであったし、そこまで頭がまわりませんでした。

顕性感染と不顕性感染の違いは、ウイルスの量ではないか?とのことでした。普通、角膜ヘルペスの初感染は、不顕性感染が常識だと思っていました。

下村先生の研究のおかげで、臨床医は助かっているのだなと痛感。ゾビラックス眼軟膏の投与期間。内服の投与期間。拝聴出来てよかったです。

 

WOC2014、2日目

WOC 午前中は、Duane眼球後退症候群、Difficult Tecniques in cataract surgeryを拝聴しました。

Duane眼球後退症候群の講義を英語で聞くとは…。札幌医大では良い教育を受けていたのだなと、前知識があったので、よく理解出来ました。

Difficult Tecniques in cataract surgeryでは、日本人も英語で発表していましたが、英語で質問されて答えている若者を見ると何かすごいと関心。聞き取れても自分ならしゃべれないかな。

手裏剣眼内レンズ~japanese Ninja weapon  受けてました。

午後は、近視治療について。オルソケラトロジー、累進屈折メガネ、2焦点?SCL、アトロピン点眼治療。低濃度アトロピン点眼治療は注目されているようですね。自院でも導入検討したいと思いました。今のところ何だかわからんけど効く程度のものらしいですが、検証する価値はありそうです。幸い、当院では、IOLマスターもありますし、眼軸長との関連が知りたいです。